古月のおと

furutsuki.exblog.jp ブログトップ

タグ:宗像三女神 ( 3 ) タグの人気記事

道中 松隈の 磐座


道中 松隈の 磐座

宗像大社社伝や鞍手の神話伝承では、三柱の女神は六嶽(むつがたけ)に降臨したといいます。日本書紀には「即以日神所生三女神者、使降居干葦原中国之宇佐嶋矣。今在海北道中。号曰道主貴」と記載があるのですが、鞍手では六嶽に降臨した三女神は、宇佐島、道中をへて400年くらいかけて赤間方面へと移動していき、今の宗像大社の場所に落ち着いたと伝える方もいます(あくまで聞いた話です)。宇佐島は六嶽の麓にかつてあった字で、いま宇佐寺があります。道中は、いま鞍手町に「道中交差点」というのがあるのですが、神崎の東から松隈・浪内あたりの細長い一帯のことも道中と地元の人々は呼びならわしています。鞍手町の剣岳の北の麓の中山の新橋から北が海中であったとき、ここが重要な交通路だったのだろうということです。

つづきがあります。私が中学生の頃(40年近く前)、鞍手で聞いた話では、三女神を祀る一派は分かれて到津荘のほうへもいったとも。小倉の香春口に近いところです(小倉には宇佐町もありましたね)。 さらに、私が高校生の頃、八幡にお住まいの宇佐一族の方から聞いた話では、到津より香春へ、そこから更に行橋、中津となんども遷宮してのち豊後の宇佐に落ち着いたとききました。中津の薦神社が宇佐神宮の元宮のひとつとも。こういう口伝はどこまで裏がとれているのでしょう。

ところで先ごろ、「松隈」は、宇佐宮の玄関口という話を知りました。宇佐託宣集によると、養老四年(七二〇)大隅・日向の隼人が反乱した際に八幡神自ら打ち取った隼人の首が埋められているということです。宇佐神宮の元宮の中津の薦神社の創建は承和年間(834-848年)だそうですが、そうすると、中津時代よりも更に前の宇佐社の脇にあった松隈の話なのかもしれません。そういえば、小学生の頃、鞍手の松隈の友人が武将の首が埋まっているという話をしていたのを聞いたことがありましたがその頃は何のことやらと聞き流していました。

しかし思い出したことがあります。 鞍手の道中の松隈・浪内に古月中学校がありましたが、その校庭には巨大な岩がありました。小学生がふざけて岩に乗ったらこっぴどく叱られてましたが、一度に五人ほど上っていたので、4~5メートルはあったろうと思います。最近、昔の航空写真にアクセスできるようになったので、確認できるかなと思って探してみたらありました。これです。

a0351692_00102379.jpg

赤丸で囲ったところに巨石がありました。当時、これは何かと教頭先生に尋ねましたら、学校を建てるまえからあった。三つほどあったが置いておけないので一部のみ残した。というような話でした。古月中学校は、丘のうえにありました。今思えば、古月中学校はちょっと変わった立地で、正門は急峻な石段(三十段以上四十段くらいはあったかと記憶)を上ったところにあり、大きな御影石の石柱門がありました。今ならわかります。この巨石は「磐座」だったのですね。今はもうありません。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2017-02-14 00:18 | 鞍手・宗像 | Comments(0)

宗像三女神と賀茂の関係


宗像三女神と賀茂の関係

宗像三女神は、筑紫と山背の両方で信仰されています。宗像三女神に関する伝承は、筑紫においてより厚く広く感じます。しかし大国主との関係においていつも混乱するので、少しずつ 系図をまとめていました。

神倭伊波礼毘古命の母の玉依姫命と、賀茂別雷神の母の玉依姫が同じ方なのかどうかまだ悩んでいたのもあります。別の方であるとしてみると、こんな系図になりました。

a0351692_00013846.png

ツッコミどころ満載なのは承知です。異説がいろいろあって唯一に決まらないところは都合の良い方を採りました。仮説として、饒速日=三島溝杭耳命 説を採っています。

とりあえず、大国主は複数います。大物主も複数います。いずれも地位と職責を表す名前との解釈です。
八重事代主と都味歯八重事代主も別の方と解釈しました。
古月の今段階のひとつの解釈です。

この図をみると、深草宝塔寺七面堂の七面大明神と賀茂御祖神社の関係も一目で納得できます。(古月のおと『深草 七面山』参照)

しかし、よく言われるように瀬織津比売命が天甕津日女だとすると、赤衾伊努意保須美比古佐和気能命 がなんか凄いことになってしまうのですが・・・構わず先に進むことにします。

系図を見ると、神倭伊波礼毘古命に東の地を薦めた塩土老翁、塩治比古命のことだとしたら、伊波礼毘古の甥ではないですか !? イメージ崩壊しました。


また、饒速日命の孫娘の婿が神武で、神武の岳父が事代主になります。国譲りから神武東遷まで、せいぜい30年~50年くらいだったのかも・・・なんてことになるんですが・・・

この婚姻関係から、意保須美比古は瀬戸内航路を開いて実質支配していたようにみえます。でもって、新北物部(阿刀氏の祖 饒田命)が神武東征に随行していますから、饒田命は爺っちゃんの里で育ったことになります。筑紫と摂津を結ぶ瀬戸内航路の両端のターミナル港を住吉一族でおさえていたわけです。


さて、『摂津の「高月」』で書いたことを引用しますが、物部氏(ここでは物部長者の家系のこと)の祖といわれる宇摩志麻遅命(宇摩志麻治とも書く)は、神武東征の時に功あり、三島溝咋が治めていた土地を与えられています。宇摩志麻治の旗印が月だったこと、天月弓杜(あめのつきゆみのやしろ)を祀ったことから一帯は高月(たかつき)と呼ばれるよになり、のちに字が変わり高槻と書くようになったと伝わっています。また、淀川の三島の津は筑紫津と呼ばれるようになりました(現存しています)。事代主と三島溝杭耳命(みしまのみぞくいみみのみこと)の娘・玉櫛媛の間にできた娘・媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)が、神武天皇の皇后になりました。

ここで、上の系図をみてみると、饒速日=三島溝杭耳命=意保須美比古が拓いた摂津の三島の筑紫津と瀬戸内航路の利権を巡って饒速日の子らの間に反目があったようにみえます。丹波出身の伊可古夜比売命(伊賀古夜日売とも)が生んだ子 がいたであろう三島が磯城(大和)の登美夜毘売の子に譲られた形になっていています。また、三島(高槻)の地はオリオンの三ツ星信仰から月信仰に塗り替わりました。 追い出された者たちは、筑紫の大国主(大穴持)と国替えになり、国を譲った事代主とその子らが山背・桑田(南丹)の開拓にまわったように見えます。まったくの私見ですが、これが真相だとしたら衝撃です。

高槻からみて淀川の対岸の枚方・交野一帯は、宇摩志麻治から六代目の伊香色雄が開拓しました(いつのまにか丹波系の「伊香」になっていますね)。磯城(今の天理市、橿原市、桜井市、宇陀市のそれぞれの一部に跨る辺り)の開拓もこの一派になります(蛇足ですが、旧 磯城郡のうちの桜井市に登美の地名があります。)。 

宇摩志麻治の異母妹に伊香色謎(いかがしこめ)命がおり、8代孝元天皇の妃となり、後に9代開化天皇の皇后となり、10代崇神天皇の母となります。伊香色謎の子孫は、伊香色謎―彦太忍信―屋主忍男武雄心―武内宿禰―葛城襲津彦―磐之姫(16代仁徳天皇の皇后)と続き、物部氏は天皇家との関係を密にして大躍進することになります。

ところで、宗像市赤間の八所宮と遠賀郡岡垣町(崗の湊)の高倉神社の伊賀さんは、神功皇后の三韓征伐の折に磯城の兎田(宇陀)からやってきた伊賀彦命の末と伝わっていますが、冶金や最新大型帆船技術にかかわる物部さんだったんでしょうね、きっと。 

伊賀彦命の母 弟橘媛は山代玖々麻毛理比売か(意味は、山代の栗隈の守の娘の意か。山代の栗隈は、和名抄にみえる山城国久世郡栗隈郷、現在の京都府宇治市大久保周辺であるようです)。 弟橘媛は穗積臣等之祖建忍山垂根の娘ともあります。穗は火に通じ、穗積は物部の正統とも。なんとなく見えてきた気がします。

つまりは結論として、鞍手・宗像の物部と、交野・磯城の物部は、どちらが先かではなく、航路の両ターミナルに同時発生したことになります。その両方の地に七夕伝説の神社があるのも定期航路の存在を伺わせます。

やがて穂積、安曇(阿積)、出雲積、津積(尾張氏)、鰐積、鴨積などに分かれ、さらに時代が下るとともに、まつろう内物部と まつろわぬ外物部が対立してしまったようです。 やはり母系をみていかないといけないんでしょうなぁ。

応援ありがとう。ポチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2017-02-10 00:05 | 摂津・山背・亀岡 | Comments(0)

櫟谷宗像神社

櫟谷宗像神社
(いちたにむなかたじんじゃ)

京都嵐山の櫟谷宗像神社(いちたにむなかたじんじゃ)に行ってきました。櫟谷神社と宗像神社が合祀されている神社です。現在は両社合わせて松尾大社の境外摂社となっています。櫟谷社は嵐山弁財天としても知られます。宗像社は松尾宗像さまとも言います。場所は、嵐山の渡月橋の南橋詰、モンキーパークの入口近くです。

a0351692_15195361.png

合祀されているとはいえ、社殿は真ん中で分かれています。松尾大社の御幸祭では、櫟谷社と宗像社それぞれに神輿を繰り出し、けっこう派手な神輿まわしを見せてくれます。

a0351692_15281679.png

櫟谷神社は『延喜式』神名帳(927年)にも出てくる式内社です。櫟谷神社のご祭神は、奥津島姫命 (おきつしまひめのみこと、田心姫命)。 宗像社のご祭神は、市杵島姫命 (いちきしまひめのみこと)です。

ただ、「松尾社譜」や「神社明細帳」では、現在とは逆に櫟谷社が市杵島姫命、宗像社が奥津島姫命と記されており、「続日本後紀」(848年)では、本来はそちら(松尾社譜の記述)が正しいともいわれています。


また、櫟谷神社・宗像神社と、桂川対岸にある大井神社の三社で宗像三女神が揃い、渡月橋の守り神なっていると伝わっています。

ただし、現在の大井神社に行ってい見ると、祭神は多岐都姫(たぎりひめ)ではなく倉稲魂神(うかのみたま)になっています。多岐都姫と倉稲魂は関係あるのでしょうか。


宗像神はもちろん筑紫の宗像大社の神様です。筑紫から大物主・事代主を山背葛野に連れてきました(摂津や葛野の神話ではそうなっています)。また、宗像三女神は、宗像大社の社伝文書では、「三所大菩薩(宗像三女神)は、六獄(むつがたけ)の崎門峰(さきとやま)にて初めて神威を得た」としています。日本書記でも、「即以日神所生三女神者、使降居于葦原中國之宇佐嶋矣。今在海北道中。號曰道主貴。此筑紫水沼君等祭神是也」となっていて、大堰川(桂川)の宗像三女神は、筑紫からの分祀ということになります。

また、松尾神についても 本朝月令の一文に次のようにあります。
| 秦氏本系帳云。正一位勲一等松尾大神御社者
| 筑紫胸形坐中部大神。戊辰年三月三日 天下坐松埼日尾。
| 又云日埼岑。大宝元年 川辺腹男秦忌寸都理
| 自日埼岑更奉請松尾 又田口腹女。秦忌寸知麻留女
| 始立御阿礼平。知麻留女之子秦忌寸都駕布
| 自戊午年為祝。子孫相承 祈祭大神。

"筑紫の胸形に坐ます中部の大神"と明記されていますね。このあたりに古代史の謎を紐解く鍵がありそうです。


a0351692_16163301.png
今朝(4/2)の渡月橋


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-04-02 16:13 | 摂津・山背・亀岡 | Comments(0)
line

古月 乙彦 のブログ  神社とか星とか 古代のロマン.    Since 2016.1.22


by 古月 乙彦(ふるつき おとひこ)
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31