古月のおと

furutsuki.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

赤い龍

赤い龍

700年頃、大和朝廷は本格的に全国の鉱山・屯倉の経営にのりだす。
いったい何がそれを可能にしたのか見ていきたい。

唐の顕慶四年(659年)高宗の勅で李勣・蘇敬らにより世界初の薬局方である『新修本草』が上奏された。京都の仁和寺に天平三年(731年)の古写本残巻がある。
a0351692_16451122.jpg

金、銀、水銀、硫黄などの精錬法も記されている。大宝元年(701)の少し前に日本にも伝わったのではなかろうか。日本では大宝元年より金・銀・銅の鉱山開発が盛んに行われるようになる。

水銀について『新修本草』に次のような記載がある。「丹砂より出ずる者は、今は麁末なる朱砂を焼きて得らるるなり。色はすこしく白濁し、生なるもの(自然水銀)には及ばず。甚だ能く金銀を消化し、そのまま泥と化す。」とある。

泥になるというのは、現代の言葉でいうとアマルガムとなるということである。この一文は、現在の黄金アマルガム法といわれる湿式治金法に等しい。この方法により、砂金によらずとも屑鉱石から金や銅をとりだすことができるようになった。

丹砂は硫化水銀である。朱砂、辰砂ともよばれる。
a0351692_00374978.jpg

それを400~600 ℃ に熱すると水銀蒸気と亜硫酸ガス(二酸化硫黄)が生じる。この水銀蒸気を冷却凝縮させることで水銀を精製する。水銀は、金や銅などを常温で溶かし込んで合金(アマルガム)をつくる。青銅などにこのアマルガムを塗り付けて熱すると金メッキができる。

『新修本草』に記載あるものは水銀アマルガムである。生なるもの、すなわち丹生は水銀、純水銀である。辰砂の鉱脈が赤龍か。
a0351692_00104690.jpg

698年(文武二年) 因幡および周防の二国は銅鉱を伊予国は白鉛鉱および朱砂を献ぜり[続日本紀]
701年(大宝元年) 鉄の採掘はこれを公許とせらる[続日本紀]
703年(大宝三年) 紀伊国阿提、飯高牢漏三郡より銀を貢せり[続日本紀]
709年(和銅二年) 銀銭を製して、銅銭と共に流通せしめられたり[続日本紀]
710年(和銅三年) 平城京遷都
713年(和銅六年) 伊勢多気郡丹生水銀山は水銀を出せり[続日本紀]
714年(天平十五年) 奈良東大寺の盧舎那仏金銅像の鋳造に着手せり[続日本紀]

このころ日本の冶金は地金を輸入する形から自前精錬に切り替わり、朝廷の号令をもって鉱山技術者を各地に入植させ鉱山開発に邁進するという産業革命があったようだ。奈良東大寺の虞舎那仏像(奈良の大仏)の建造の際には、熟銅73万7560斤(500トン弱)とともに、メッキ用に金1万436両(0.4トン)、水銀5万8620両(2.5トン)、さらに水銀気化用に木炭1万6656斛が調達されている。

古代にはほぼ丹生氏だけが錬丹術を伝えていたのが、秦氏は新しい水銀精錬・水銀鍍金の術をもって辰砂と水銀の利用の新たな主役となっていったようだ。

応援ありがとう。ポチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-12-17 16:46 | 摂津・山背・亀岡 | Comments(3)

片野物部 4 津山 中山神社

片野物部 4 津山 中山神社

岡山県津山市一宮に、美作國(みまさかのくに)一の宮として崇敬を集める中山神社(なかやまじんじゃ)があります。主祭神は、「鏡作神」。

ただし、中山神社がまとめた大正時代の「中山神社資料」だと、主神は「金山彦命(かなやまひこ)」となっています。更に古く『延喜式頭注』では大己貴命(おおむなち)が祭神となっています。『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』では、中山神社の神は猿神とされています。そのためか、現在は、中山神社の摂社に 国司神社(大己貴神)、御先神社(稲荷神)、猿神社(猿多彦神) が祀られています。

社伝にこんな話があります。「当地には古く大己貴命が鎮座していたが、中山神に宮所を譲ったところ、以前から大己貴命を奉じていた伽多野部長者乙丸が、それを不満に思った。これに怒った中山神の眷属・贄賄梧狼神(梧は実際には獣偏)が乙丸に祟ったので、乙丸は毎年二頭の鹿を供えることにした。贄賄梧狼神はこれを許し、牛馬市を開かせた。その後、乙丸は弓削庄に退いた。」

この伽多野部長者乙丸の屋敷地のあった場所が、後に美作国一宮である中山神社となったというのです。話の筋から中山神社創建の707年頃のことのようです。(『久米郡誌』によれば、和銅六年(713)のことだそうです。)

707年といえば元明天皇即位の年でしたか。胸形君徳善の孫の高市皇子が太政大臣になったのが持統4年(690年)ですから、その少しあと。伽多野部長者乙丸は、『中山神社縁由』や『作陽誌』では、肩野物部乙麿として出てきます。

津山市から岡山県北部(旧・建部町)の製鉄遺跡が数多くみられます。いずれも岡山県の東部を流れる吉井川水系にあります。伽多野部長者は、その名前が示すとおり河内國肩野郡にいた片野物部と同族のようです。出雲から移ってきたものか、河内國肩野からかは定かではありません。中山神社周辺では大蔵池南製鉄遺跡のすぐそばに、肩野物部氏のものと伝える長者屋敷地や、そこから西にある善福寺の成立として、肩野物部氏の妻の建立による尼寺であると伝えています。ここが本来の「吉備の中山」とする説もあります。

まーりんさんが教えてくれた儺の星の国拾遺の一文、「鍛冶場を交野(かたの)という。”かたの”とは砂礫が白く連なる河原であり、昔は”あまのかわ”であった。砂鉄の火花がさけ散るところである。」という意味を改めて見直しました。

それにしても「物部」氏と「中山」地名はセットでよく出てきます。「ナカヤマ地形」とでもいうべきものがあって、産鉄地帯となっている山と山の中間地帯をいうようです。

ところで、中山神社に稲穂を奉納する役目の半分は有木氏が務めたのだそうです。「有木」これも見た覚えが・・鞍手郡に有木郷というのがありました。現 宮若市に上有木・中有木・下有木という地名が残っています。南に望む甘南備山が饒速日尊が筑紫に降臨したという笠置山です。

中山神社がある一の宮地区の水源「黒沢山」の山頂には和銅七年創建と伝わる万福寺があります。創建以来、虚空蔵菩薩を本尊としているそうです。

応援ありがとう。ポチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-12-12 23:00 | Comments(2)

笠岡 七面神社

笠岡 七面神社

いったい何に呼ばれたものか、不思議なことが続いている。
椿の花弁様の渦巻模様の3つめの事例を見つけてしまいました。

場所は、笠岡市神島(こうのしま) 七面神社です。
椿の花弁様の渦巻模様が確認できます。
a0351692_23021383.jpg

瓦紋はやはりこれです。
a0351692_23022153.jpg

扁額の周りにも花弁様の渦巻。
a0351692_23023226.jpg

七面宮それ自体は名前からして鎌倉時代以降の祭祀のようなのですが、周りを見渡してビックリです。

ここは、神武東遷の折、八年間滞在し軍備を整えたという伝説の場所。より詳細にいうと、神日本磐余彦尊が滞在した所は隣の高島の王泊(おうどまり)と伝わっているのですが、神島(こうのしま)の外浦には吉備國の行館(かりみや)であったという「神島神社」がありました。

神島神社のご祭神は神日本磐余彦命(神武天皇)と興世姫命。そこは皇后興世姫尊(おきよひめ)が住まわれた宮であり、神日本磐余彦尊の行宮(あんぐう)「高嶋宮」だったそうです。 興世姫尊は記紀には記載がないお方です。寛平年間(889-898)に菅原道真公が神島神社の調査に来て、神島神社は延喜式内社に列せられました。

そして、もうひとつビックリ。高島の島民の家から耳形柄頭長剣という青銅剣が発見されて、高島おきよ館に展示されている。イランのタリシュ地方でみられる3000 年前の古代ペルシャの剣と同様のもののようだという。件の耳形柄頭長剣は高島まで秦氏の渡来物として運ばれたものであろうと推定されている。

神倭伊波礼毘古命にまつわる謎を抱えていたのだが、なんかヒントをいただいたようだ。


応援ありがとう。ポチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-12-11 23:16 | Comments(1)

久我國 2 玖賀耳之御笠

久我國 2 玖賀耳之御笠

神武が東遷してきたとき、そこには久我國があった。やがて古事記の崇神記に見える鬼「陸耳御笠(玖賀耳之御笠)」の伝説にあるように、久我國は天孫族により圧迫されていく。

久我一族に敬意を表して残されている久我神社等の分布から、久我國は、京都盆地全域と 丹波路の入口にあたる乙訓郡(現 京都市南区)あたりから丹波国東南部にあたる桑田郡(現 亀岡市)にかけての地域にあったであろうとみられる。この国は豊葦原中国の国譲りを受け入れ船で隠れた事代主が三嶋溝杭、大山咋らと共に新天地として拓いた意富の一族による國ともみえる。

まずこの地に入った饒速日が先行して土着していた和邇氏(春日氏)と同和し、乙訓の開拓を進めた。そこにさらに大物主(事代主,賀茂氏)が合流し桑田へと開拓を進めた。神武東遷によるゴタゴタのあと、天孫族と物部氏は婚姻を通じて融和する。しかし、崇神天皇の頃には天皇家そのものが外戚である物部氏族に大きく左右されるようになってしまった。崇神天皇の母は母は伊香色謎命。崇神の斎名も五十瓊殖である。つづく垂仁天皇も五十狭茅。「五十」は「厳」「伊香」「甕」である。自身の出自に物部氏の一族の血が色濃く入っている。

崇神は、大物主の一族(意富の一族)への圧迫と宗教改革を断行した。崇神は、宮中に祀られていたの天照大神や大物主を宮中から外に出してしまった。物部を統括する官職としての大物主の制度もやめてしまったのではなかろうか。崇神は大物主の一族であり久我國の本来の支配者である玖我耳の討伐を彦坐王に命じた。久我國は、だんだんと丹後方面へと追いやられていった。

久我國が丹後へと追いやられていくなか、最後まで抵抗したのが玖賀耳御笠だ。土着の民の間では御笠は英雄だったのでなかろうか。和名類聚抄の加佐郡(現在の舞鶴市西舞鶴)のカサも御笠に由来するといわれる。玖賀耳の一族は日子坐王の大軍団をもってしても征服しきれなかった。それで後の世の繰り返しの討伐へと繋がっていく。それらは麻呂子親王の鬼退治伝説・七仏薬師信仰・源頼光らの大江山の鬼退治伝説などとして伝わっている。宗教改革の反動は疫病の大流行という形であらわれた。たくさんの民が亡くなった。その疫病の原因が「 大物主命(おおものぬし)という神の祟り」だったため、崇神は大物主の子孫、大田田根子を探し出して、葛木の三輪山に大物主の神を祀らせた。

これら一連の動きのなかで、銅鐸の「陸」の物部(外の物部)は表から消え、鏡の「海部」物部(内の物部)が残った。意富の一族(多氏)は臣下となった。久我の家名は、村上源氏の総本家として残る。 また御笠の名は、律令制下におかれた軍団名として残った。太宰府市(当時、福岡県水城村)で律令時代の軍団印である「御笠団印」(国宝)が出土している。

ところで、九州北部には、コガ、クガといった名字がとても多い。古賀、古閑、久家、空閑、久我、久賀、小賀。 御笠軍団と関係があるのか? 山背・丹波の久我(こが)と 北部九州の古賀(久我)、どちらが先なんだろう。

瀬織津姫が京都や丹波でたくさん祀られている訳まで書けなかった・・・まだまだ続きます。


応援ありがとう。ポチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-12-11 17:19 | 摂津・山背・亀岡 | Comments(0)

久我國(こがこく)

久我國(こがこく)

「深草 七面山」で、七面天女=玉依姫=多紀理毘売命 という話を書いた。
そこで知ったのは、 賀茂別雷命=阿遅須枳高日子 ということであった。 
その辺りのことをもう少し突っ込んでみたい。

賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)は、神武天皇の東征で先導した八咫烏(やたがらす)と同一視される。賀茂建角身命と丹波国の伊可古夜比売(いかこやひめ)との間に玉依姫が生れている。 賀茂建角身命-玉依姫-賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと) と続いて、賀茂建角身命は賀茂氏の祖とされている。

賀茂別雷命の出生譚に出てくる父である丹塗り矢の正体は、『本朝月令』に引く『秦氏本系帳』では、「乙訓郡の社に坐せる火雷神なり」としている。また後半の部分では「戸上の矢は松尾大明神是なり」として松尾大社と関連付けている。

※式内社の乙訓坐火雷神社は、13西紀に乙訓郡の向日神社に合祀され、現・乙訓神向日神社下社となったという。また長岡京市の角宮神社が本来の乙訓坐火雷神社であるという説もある。

この乙訓の火雷神は、京都では 賀茂社・松尾社 と繋がりを持つ信仰の中で祭祀されてきた。長岡京遷都の際にも、賀茂上下社と松尾・乙訓の両神にたいして同時に神階昇叙があり、勅使が派遣されて修理がなされている。

先の『秦氏本系帳』の「戸上の矢は松尾大明神是なり」を認めると、天火明命=河内陶都耳命=三嶋溝杭耳=饒速日尊=八咫烏=賀茂建角身命 となり、更に 賀茂別雷命=神武天皇=阿遅須枳高日子=八重事代主=大山咋命 ということになる。衝撃である。


さて、賀茂氏が入った当時の山代國はせいぜい巨椋池周辺まで。やがて、大宮を経て東から西ルートで葛野へと広がっていく。賀茂氏が入る前の乙訓・葛野には、土師氏である葛野主殿県主部(かずぬのとのもりのあがたぬしべ)が西から東ルートで入り先住していた。この氏族と移動してきた鴨氏とは、始祖が同じ同族であったため融和が急速にすすんで鴨氏として同化してしまったようだ。

賀茂氏の移住の軌跡は今に伝えられている。山城国風土記逸文によると、賀茂氏移住の道筋は、次のとおり。
 
 1.山代國の岡田の賀茂、 
 2.葛野川(桂川)と賀茂河(鴨川)との会う所 
 3.久我の国の北の山基(やまもと)

このの順に遷座したという。
現在、それぞれの地には現在も賀茂氏の氏神が祀られている。

上に挙げた三カ所それぞれの比定地は次の通りである。

 1. 京都府木津川市加茂町。式内社の岡田鴨神社(現・岡田鴨神社の元宮)。
 2. 京都府京都市伏見区にある式内社の久何神社(現・久我神社)。久我の杜(森)。
 3. 京都府京都市北区紫竹の式内社の久我神社。大宮の森。

土師氏の住む葛野が桂川沿いである。賀茂氏-土師氏連合は、徐々に今の京北にまで勢力を拡大し山城國 愛宕(うたぎ)郡出雲郷を拓いた。しかし、京都盆地の大部分や奥丹波は、また別の「久我國(こがこく)」であった。やがて先住の久我國を賀茂-土師の連合が圧倒し、彼ら秦氏が改造した都市がのちに平安京となり発展していく。この背景を語るものとして、天津甕星(天香香背男)や陸耳御笠(くがみみのみかさ)の伝説が残されている。これらも別の機会に紹介したい。

ともかく東征してきた神武天皇は、久我國(こがこく)と対峙したのだった。

天火明命=河内陶都耳命=三嶋溝杭耳=饒速日尊=八咫烏=賀茂建角身命 という仮説が出てきた。

次回は、饒速日尊と久我國の関係からみていきたい。瀬織津姫が京都や丹波でたくさん祀られている訳もそこから見えてくると考えている。

(つづく)


応援ありがとう。ポチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-12-04 23:09 | 摂津・山背・亀岡 | Comments(0)

片野物部 3 伊香色雄

片野物部 3 伊香色雄

現在の大阪府交野(かたの)市と枚方(ひらかた)市に天野川があります(古くは甘野川とも)。物部氏の祖といわれる宇摩志麻治から6代めにあたる伊香色雄が4世紀前半に天野川の南方の伊香賀(現在の枚方市伊加賀)に住み、その地域を支配したようです。ついで伊香色雄の子の多弁宿禰(たべのすくね)が 天野川流域を開拓し、淀川と天野川の合流する地域を支配したと伝えられています。多弁宿禰の末裔の一族は片野物部(かたのもののべ)となりました。

なお、多弁宿禰(たべのすくね)の母は山代県主祖 長溝の娘・真木姫です。宇摩志麻治から伊香色雄の6代は次の通りです。

 宇摩志麻治―彦湯支―出石心―大矢口宿禰―大綜麻杵―伊香色雄

宇摩志麻治―味饒田命(うましにぎた) の系統は、阿刀連になりました。

伊香色雄命の同母姉妹に伊香色謎(いかがしこめ)命がおり、8代孝元天皇の妃となり、後に9代開化天皇の皇后となり、10代崇神天皇の母となります。
伊香色謎の子孫は、伊香色謎―彦太忍信―屋主忍男武雄心―武内宿禰―葛城襲津彦―磐之姫(16代仁徳天皇の皇后)と続き物部氏は天皇家との関係を密にして大躍進することになります。

現在の大阪府枚方市枚方上之町に意賀美(おかみ)神社があります。ここは元は須加神社で、明治時代に伊加賀村宮山に鎮座していた意賀美神社を遷座合祀して今の意賀美神社になったのだそうです。意賀美神社が鎮座する地は万年寺山といい、1904年に万年寺山古墳が発見され青銅鏡8面と鉄刀が出土しました。万年寺山古墳は4世紀中頃の築造のようで、伊香色雄の没年も4世紀前半ですから、万年寺山古墳は伊香色雄の墳墓の可能性が高いと思われます。
意賀美神社の元の鎮座地である伊加賀村宮山(今の意賀美神社から約100m南)は、伊香色雄の邸宅址であったのかもしれません。


崇神天皇の7年(300年頃)に、伊香色雄命が大田田根子を神主として大和三輪に大物主神を祀ります。また、布都大神が宇摩志麻治の時代に宮中で祀られていたのを 崇神天皇の勅命により伊香色雄がご神体を石上邑の龍王山の麓の布留山に遷して石上坐布都御魂神社として祀りました(今の奈良県天理市布留町の石上神宮; 日本書紀では石上神宮とあるが、延喜式神名帳に大和国山辺郡 石上坐布都御魂神社とあるのでこちらをとる)。以後、石上大明神は物部氏の氏神として崇敬されました。

なお、石上神宮は武器庫を兼ねていたらしく、桓武天皇のときに神宮の兵仗は 山城国 葛野郡に遷されたとの記事が日本後紀にあります。


応援ありがとう。ポチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-12-02 00:14 | 摂津・山背・亀岡 | Comments(0)
line

古月 乙彦 のブログ  神社とか星とか 古代のロマン.    Since 2016.1.22


by 古月 乙彦(ふるつき おとひこ)
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30