古月のおと

furutsuki.exblog.jp ブログトップ

タグ:六嶽 ( 12 ) タグの人気記事

劔神社 倉師大明神(直方市亀丘)


劔神社 倉師大明神(直方市亀丘)
a0351692_11072175.jpg

久しぶりに、鞍手周辺の神社をご紹介します。鞍手町と直方市と宮若市の境「六ヶ嶽(むつがたけ)」の東の山麓の亀丘(かめおか)に鎮座しています「劔神社」です。(当ブログでは、京都府の「亀岡」がよく出てきますが、今日は 旧 鞍手郡 の「亀丘」です。なお、写真は、2015年末に撮影したものです。)

劔神社由緒によれば、往古は「倉師大明神 (くらじだいみょうじん)」と称えられ、六ヶ嶽の東嶺「天上嶽」に鎮座されていたといいます。六ヶ嶽というと、紀元前700年の頃に比売大神(宗像三女神)が降臨したと伝えられている山です。

劔神社の祭祀の始祖は、筑紫の国造「田道命(たみちのみこと)」(考元天皇の五世の孫)で、筑紫物部を率いて神々を祀るとあり、田道命の橘孫「長田彦」が神官となりました。室町時代に入って足利義満(あしかが よしみつ)は、高向兵部卿良舜を奉行とし社殿を造営し奉りました。

戦国時代には、六ヶ嶽の支峰である龍ヶ岳にあったといいます。龍ヶ嶽城の城主杉氏は、同社を 粥田莊(遠賀・鞍手・嘉麻3ヶ郡にわたる荘園の)鎮守の宗社として崇敬し、社殿を紫竹原に遷座造営し、熱田神宮より日本武尊を相殿に奉祀して「八劔大神」と称えられました。江戸時代に黒田家により現在の「亀丘」に遷されたといいます。現在の社殿は、直方藩主・黒田長清が再造営したものです。

御祭神は、 
・伊邪那岐大神(いざなぎのおほかみ) 
・伊邪那美大神(いざなみのおほかみ) 
・日本武尊(やまとたけるのみこと) 
・石拆神(いはさくのかみ) 
・根拆神(ねさくのかみ) 
・石筒之男神(いはつつのをのかみ) 
・甕速日神(みかはやひのかみ) 
・樋速日神(ひはやひのかみ) 
・建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ) 
・闇淤加美神(くらおかみのかみ) 
・闇御津羽神(くらみつはのかみ)

「みつは」は 映画「君の名は」で 水神であることが広く知られるようになりましたね(笑)。瀬織津姫(せおりつひめ)が隠されています(と私的には思っています)。瀬織津姫は、瀧の神・河の神でもあり、また祓戸四神の一柱で災厄抜除の女神です。

伊邪那岐尊は、ここから冬至日出線方向の直方市の多賀神社に鎮座されています。直方市の多賀神社は、往古、日若の宮と称えられましたが、多賀神社伝わる日若踊りでは、「豊かな国、筑紫の島根、この島の比古と宇麻美の河合の小高い山根を見て、ここがよい、ここがふさわしいと立ち寄って倉戸を造られた。」ということです。ここに出てくる比古と宇麻美とは、多賀神社の南方にみえる英彦山(ひこさん)と馬見山(うまみやま)のことです。(直方市の)多賀は弥生前期まで淡海(汽水)のほとりの岬でした。多賀神社の冬至日没線方向には饒速日降臨の笠置山があります。

で、倉師大明神はというと、記紀に出てくる 高倉下(たかくらじ) つまり 鞍橋君(くらじのきみ)のことです。高倉下をお祀りする神社としては、三重県伊賀市の高倉神社が全国的に有名ですが、そちらは高倉下命の七代の後の子孫である倭得玉彦命が移り住んで高倉下命を祖神として祭祀した事を起源としたものです。 この六ヶ嶽山麓の 倉師大明神は、鞍手を本願地とされていた鞍橋君(くらじのきみ)を祀るもので、「鞍手」の地名の起源そのものが鞍橋君にあるという内容を 国学者 伊藤常足 が太宰管内誌で言及されております。

応援ありがとう。ポチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2017-01-08 11:26 | 鞍手・宗像 | Comments(0)

街に溶ける古墳 3  八尋 幸ノ浦

街に溶ける古墳 3
八尋 幸ノ浦




ここは、福岡県鞍手郡鞍手町八尋。

上方(北)に見える丸い丘は「旭1号墳」。
その下に、削られてしまった前方後円墳でしょうかというような独特の地形が見えます。

この辺りに「幸ノ浦1号墳」と「幸ノ浦2号墳」があったそう。

鞍手町には、大塚古墳や銀冠塚古墳のように、大首長の墳墓と思われる大古墳群がいくつもある。ここもそうだったのだろうか。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-02-16 23:55 | 古墳 | Comments(0)

月守の暦(前編)

月守の暦(前編)

「月守」は、天にかかる月から日と時刻を知る術をもっていた。
ただし、月の位置が直接時計の針になるわけではない。

季節によって多少差はあるが、月は毎日、約50分ずつ遅く出る。季節による増減がこれに加わる。季節による増減は、黄道が赤道に対して23.4°傾き、更に白道が黄道に対して5°傾いているからである。

時計の針にする星が赤道から離れるほどに、星の高さ(角度)への季節の影響が大きくなり、星や月の位置から正確な時刻を読み取るのは困難になる。

月の位置を時計の針にするには、補正が必要なのだ。おそらく、「月守」は、月の位置から時刻を読み取るための換算表をつくったのだろう。彼らが使った観測装置からどこまで彼らの暦にせまれるだろうか。


さて、「月守」の精密な換算表を考える前の準備として、江戸時代に使われた日単位の簡単な換算表についてまず学ぶ。


日単位の簡単な換算表は六曜と呼ばれる。

六曜とは、七曜との混乱を避けるために明治期につくられた用語だが、七曜と区別するうえで便利なので、ここではその名を採用することにする。

現在の太陽暦の時代においては、六曜は、月の日にちとの関係が一見して良くわからず、規則的でありそうな、そうでもなさそうな不思議なものとして一種のゲン担ぎの占いのようになってしまっているが、本来は、月の位置を時計とするための補正表だったのだ。

月は日々約30分の1日ずつ南中が遅れる。
簡単のために、この遅れ時間を時刻の単位とする時計で考える。
つまり一日を30の刻(とき)に分ける時計を考える。

天の黄道と白道は5°ずれているだけなので、これから展開する議論においては、その差は無視しておいてよい。

一日を30の刻(とき)に分ける時計なので、赤道を30分割した30の宿(しゅく)を考える。月が日周運動で、この宿のひとつ分を周る時間が刻(とき)の一単位である。また、月は毎日この宿をひとつずつ東へ巡っていく。

月の位置を時計の針とすると、この時計の針は、計りたい時刻に対して、毎日刻(とき)の一単位分遅れる時計である。更には白道と赤道の傾きからくる季節差も重なってくる。

月の位置から時刻を知る補正表をこの宿を用いてつくることができる。それが六曜だ。

江戸時代に使われ、現在も残っている六曜は、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六種の曜である。太陰暦の場合、毎月1日の六曜は、月を表す数字を6で割った余りで決定される。(閏月は前の月と同じになる。)

また日が進むにつれて六曜もひとつずつ進む。月日により六曜が決まることになる。

結局、六曜の定義としては、太陰暦の月の数字と日の数字の和を6で割った余りで決定することになる。


おもしろいことに、年間の催事の六曜と月の形が固定する。

例えば次のような具合である。
元旦   1月 1日 (太陰暦):1+1=2, 2÷6=0余り2→先勝, 朔
七夕   7月 7日 (太陰暦):7+7=14, 14÷6=2余り2→先勝, 上弦
七五三 11月15日 (太陰暦):11+15=26, 26÷6=4余り2→先勝, 満月

月の形で日にちを確定させると、こんなメリットがあるのだ。

一日を30の刻に分割するとすると、
月の位置を時計の針とするための補正表は次のようになる。

       一週 二週 三週 四週 五週
第1日 先勝 +0 +6 +11 +17 +23
第2日 友引 +1 +7 +12 +18 +24
第3日 先負 +2 +8 +13 +19 +25
第4日 仏滅 +3 +9 +14 +20 +26
第5日 大安 +4 +10 +15 +21 +27
第6日 赤口 +5 +11 +16 +22 +28

六曜なので各週はもちろん六日間である。
七日めは翌週だ。五週(つまり30日)で1日分の遅れを取り戻す。

ここで、第一週は、必ず新月から始まる。
誤差を累積させないために、毎月ついたちで六曜は振り直す。
(そこが周期性が乱れる部分にみえる)

これはなかなかよくできている。六曜で針の読み方を変えるのだ。つまり、月の位置を読んで、六曜の補正を加えると、現在時刻が出てくるのである。

ここまでの方法に五芒星は要らない。
六曜の補正表は、一日単位の補正を可能にしている。
六曜は、一日を30の刻に分割した際に有用である。
江戸時代の使い方はちょっとおかしい。


さて、いよいよ本題の「月守の暦」をひもとく準備ができた。
五芒星のドラゴンカーブを利用する「月守」たちは、もっとうまいことやっていた。先の六曜の補正表は、一日単位のものだったが、もっと進んだより精密な補正表を使っていたに違いない。先の六曜の補正表は、一日単位のものだったが、もっと進んだより精密な補正表を使っていたのだ。彼らは、時間分解能3分間で観測された「星読」の成果のうえに乗ることができた。

だいぶ、長くなったので今日はこの辺で一区切り。続きは次回に。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-02-15 00:12 | 大地に刻まれた時計 | Comments(0)

六嶽周辺の五芒星 7  底井野

六嶽周辺の五芒星 7
底井野

中間市 上底井野周辺の五芒星である。

a0351692_21484039.png

黄色で示す五芒星は、六嶽を囲む八つの五芒星のひとつ。

緑で示した五芒星は、より古いと考えているドラゴンカーブの
パターンを構成する五芒星である。

両方の五芒星に含まれる位置に、桜の名所として知られる垣生公園
があり、公園内に埴生(はぶ)神社がある。
「埴生」は、「船の帆(羽布)」の意味。
埴生神社は六嶽を拝む方向に向いていると伝えられていた。

垣生公園内には垣生羅漢百穴(はぶらかんひゃっけつ)と呼ばれる
横穴式の群集墓多数があり、有力豪族がいたことを伺わせる。
横穴のいくつかには帆船の線刻画がある。

五芒星の解析からは、意味ありげな三つの丘が確認される。
この辺りは、当初宗像郡宗像郷に属し、宗像郡の中心部であった。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-02-04 22:17 | 六嶽周辺の五芒星 | Comments(0)

六嶽周辺の五芒星 6  宮田倉久

六嶽周辺の五芒星 6
宮田倉久

六嶽周辺の五芒星の中でも大きなものを順に紹介していっている。
今回は、宮田(現 宮若市の一部)の倉久周辺の五芒星である。


ここは、ほぼほぼゴルフ場と工場になってしまった。
五芒星に直接のってくる神社は少ないが、特異な角度の道路や
変則的な交差点の様子、また周囲の神社配置との関係から
五芒星が浮かび上がる。

笠松神社は、工場建設の頃に遷座したように聞いている。
町道上倉線(上有木~倉久)の改良工事にともない移転した。
(間違っていたらご指摘ください)

もとの道は、神功道である。神功皇后が笠をかけたという伝承がある。
また、貝原益軒著の「鞍手郡磯光神社縁起」によれば、
饒速日尊が垂仁天皇16年に宮田町の南に聳える笠置山頂(425m)に
降臨したという。

倉久集落の裏手の山が気になる。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-02-04 01:41 | Comments(0)

六嶽周辺の五芒星 5  剣塚古墳-竹原古墳付近

六嶽周辺の五芒星 5
剣塚古墳-竹原古墳付近



今回紹介するのは、宮若市の剣塚古墳、竹原古墳の周辺の五芒星である。

竹原古墳の彩色石室はあまりに有名。
ひもろぎ逍遥 竹原古墳」でも紹介されているので、古墳の紹介はそちらを見てほしい。



五芒星の大きさは、神崎-新延のと同じである。
五芒星の幾何学から、左肩のくぼみ、中央、右足付根が神聖であると
推測したが、まさにその典型例でもある。

ただ、竹原古墳はどちらの五芒星で決定されているのか、
曖昧な場所である。断層ズレの直後の時代だったのだろうか。


今回ひいた五芒星にのらない神社もたくさんある。

・支配者の変化による別の大域パターンに関わるか
・タイリングパターンが見つかるか

あとの解析が楽しみな場所である。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-02-01 00:05 | 六嶽周辺の五芒星 | Comments(0)

六嶽周辺の五芒星 4  福智上野

六嶽周辺の五芒星 4

福智上野

2016年1月28日

六嶽周辺の五芒星をひとつづつ見ていく話にもどることにする。
今回は、福智町上野から直方市下境あたりにかけての五芒星です。

a0351692_19084629.png


これもやはり新延の五芒星と同じ大きさです。ただし、この五芒星とは
関係ない神社も数あります。 また、真ん中を川が貫いており、現在では、
北からも南からもゴルフ場となってしまっています。
昔は集落があったのでしょうか。

この五芒星は、集落の時計というよりは、結界のためのようです。


勘の良い方はもうお気づきでしょう。これまで見てきた五芒星と
あといくつか発見済の五芒星を並べてみますと、八つの五芒星が、
亀丘の劔神社を中心に六嶽をぐるりと囲んでいるのがわかりました。

a0351692_19494412.png


これにはどんな意味があるのでしょう。
今回の図には記していませんが、環の中には三条のらせんがあり、
あたかも六嶽の神紋のようです。

ただ、見つかった環は八つの星からなります。
六嶽の神紋の星の数は九つでした。 またひとつ謎が出てきました。

なお、断層によるズレはなく、最初に見つけたドラゴンカーブに
比べると新しいようです。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-01-28 21:02 | 六嶽周辺の五芒星 | Comments(0)

ドラゴンカーブ 1  六ケ岳を取巻く龍の曲線

ドラゴンカーブ 1

六ケ岳を取巻く龍の曲線

2016年1月26日

いよいよ広域パターンを紹介していこう。
今回紹介するのは、六ケ岳を取巻く 龍の曲線 (ドラゴンカーブ) である。
見つけたのは、1月6日。 「龍が出ました」と るなさんにメールして
大騒ぎしていました。

きっかけは、五芒星をみた るなさんが 「炎の聖三角形」を想い起こして
「フィボナッチ」と一言いってくれたこと。

「フィボナッチ数列なら五角形にも内在しますよ。探してみましょう。」
というわけで探してみたら、あっさりと見つかりました。 

むしろ、説明用に図を描くのが大変。

以下は、後日きれいに描き直した図


サイズと配置がフィボナッチ数列になっている。

この時悩んだのが、途中で一回 軸がズレ、そのあと五芒星が二重写し
のようになっていること。

その後、ほかにも同じパターンのドラゴンカーブをいくつか見つけ、
同じようにある境界を越えると二重写しのようになってしまうのを
発見して、横ずれ断層であろうと結論づけた。

もともと黄色い五芒星のドラゴンカーブがあって、断層の横ずれが
起き、のちに白い五芒星を修復したように解釈できる。

そうすると、「六嶽神社」を置き換えたのが 「十六神社」という
ことになる。 また、「春日神社」 は古く、「貴船神社」はもう少し
新しいということになる(比較の問題でありそれでも相当古いのだが)。


このあと、いろいろなことが判っていく。 少しずつご紹介して
いきます。 お楽しみに。

応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2016-01-26 01:18 | ドラゴンカーブ | Comments(0)

幾何学 2  九つの星

幾何学 2

九つの星

2016年1月25日

六嶽神社(むつがたけ)の神紋には九つの星がある。

a0351692_16232934.png

八剣や八所、八幡は「八」なのに、ここのは「九」。 なぜだろう。

ヒントが何もないので、とりあえず幾何学的作図法を考える。
a0351692_16242440.png

「九」は「三」から生じ、亀甲が統合しているようだ。

そういえば、鞍手の熱田神社がある地の字は亀甲だし、長谷観音も亀甲山だなぁ。

印象としては、有力三家の共和による九部族の統合? 根拠は特にない。 
とりあえずメモ。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
[PR]
by furutsuki_oto | 2016-01-25 06:10 | 幾何学 | Comments(0)

六嶽周辺の五芒星 3  南良浦

六嶽周辺の五芒星 3

南良浦

2016年1月24日

六嶽をとりまく周辺市町の五芒星の実例を順に提示していっている。

今回は、鞍手郡小竹町勝野南良浦(ならうら)に見える五芒星を示す。

a0351692_09393486.png


ここは、後で述べることになるいろいろな大域パターンに
複合的に含まれる。

きっと古代においては重要な拠点だったのだろう。
「巌嶋神社」にはただならぬものを感じる。

しかし残念なことに、南良浦の五芒星の半分ほどは、
ゴルフ場になってしまっている。

道路が示す五芒星は、二重にブレている。神社が殆どないほう
の白い線で示した五芒星の方が古いと思われる。
地図中に見える橋は、二つとも白い線で示した五芒星の方に
従っている。

ピンクの破線で示した丸は、重要そうなポイントだ。

なにか眠っている。  これはなんだろう。

a0351692_09562010.png


勝野南良浦といえば、言い伝えがいろいろとあると
聞いたことがあるが、残念ながら私は詳しくない。
どなたか詳しい方、教えてください。



応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
[PR]
by furutsuki_oto | 2016-01-24 09:59 | 六嶽周辺の五芒星 | Comments(2)
line

古月 乙彦 のブログ  神社とか星とか 古代のロマン.    Since 2016.1.22


by 古月 乙彦(ふるつき おとひこ)
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31