古月のおと

furutsuki.exblog.jp ブログトップ

将軍塚


将軍塚

a0351692_15541245.jpg
 東山粟田口の将軍塚にのぼってきました。写真は、将軍塚青龍殿の大舞台から「糺の森」(ただすのもり) を望む構図です。賀茂川がまっすぐに将軍塚の方へ流れてきています。高野川と合流してのち南方向へ流れが変わり鴨川となります。賀茂川と高野川の合流地点のすぐ北が下鴨神社です。下鴨神社より上流の賀茂川は水気三合の辺に沿っていることが改めて確認できました。(「火気三合からみた平安京」参照)

 将軍塚は、和気清麻呂が山部王(桓武天皇)をこの山上にお誘いし、京都盆地(山背国葛野郡宇太村)を見下ろしながら都の場所にふさわしい旨進言したと伝わる場所です。山部王(桓武天皇)は和気清麻呂の勧めに従って延暦十三年(794年)平安建都に着手されました。そして、平安京遷都後に桓武天皇は「山背」の呼び名を「山城」に変えました。

※山部王の母は、和乙継(やまとのおとつぐ)と土師真妹(はじのまいも)の娘・高野新笠(たかののにいがさ)。父は天智天皇の孫の光仁天皇。和氏は百済武寧王の子孫を称する渡来系氏族で、もとの氏姓は和史(やまとのふひと)。高野朝臣(たかののあそみ)という氏姓は、光仁天皇の即位後に賜姓されたもの。「高野」は地名で、現在の「高の原」あたり。神功陵古墳がある。高野近傍には土師氏の根拠地である菅原伏見、また秋篠がある。

 平安京造営時に平安京の大内裏を含む土地や多くの私財を献上した陰の立役者が秦氏です。「日本書紀」には、応神14年に功満王の息子で融通王とも呼ばれる弓月君が、百済から127県の民を率いて帰化し、秦氏の基となったことが明記されています。その後、雄略天皇の時代(5世紀)に秦部92部から成る18,670人、さらに6世紀には少なくとも7,053戸、数万人規模で移民してきています。秦氏が大陸より携えてきた文化は極めて高度なものであり、大規模な灌漑や土木工事、古墳の造営等にも着手し、特に山背国と呼ばれた京都盆地の開発と発展に大きく貢献しました。


応援ありがとう。ボチっとね.
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

[PR]
by furutsuki_oto | 2017-04-02 15:55 | 摂津・山背・亀岡 | Comments(0)
line

古月 乙彦 のブログ  神社とか星とか 古代のロマン.    Since 2016.1.22


by 古月 乙彦(ふるつき おとひこ)
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31